金町駅より徒歩1分、葛飾区のお葬式なら金町ゲストハウス

▶ お問い合わせ

▶ アクセス

▶ お急ぎの方はこちら ◀

お急ぎの方は24時間365日対応の無料電話 0120-044-388

通夜参列のマナー(一般的な仏式通夜)

通夜の知らせを受けたら、まず時間と場所を確認します。

駅から式場までの間に道案内をしている人を見かけたら、軽く会釈をしましょう。 あまり早すぎても先方の用意ができていないこともありますので、通夜開始時刻の10分前くらいに着くようにしましょう。 やむを得ない事情で遅れてしまった場合には、ご遺族さまにお詫びを述べてからお参りをさせてもらいます。

なお、携帯電話は電源を切るかマナーモードにしてください。

通夜式の流れ

1.受付

イメージ

受付では簡単に弔意を述べ、ふくさあるいは風呂敷に入れた香典を差し出し、芳名帳に記帳します。

受付がない場合は焼香の時に祭壇に供えるか、親族に渡します。

2.参列者着席

イメージ

5~10分前に式場に入ります。式場に入る時は先客に一礼し、案内された場所に座ります。

席がない場合は邪魔にならない場所に立って待ちます。

3.開式・僧侶入場

イメージ

僧侶を迎えます。数珠を持参していたら手に持ってください。

4.読経

イメージ

読経の時間は概ね30~40分程です。この間、参列者一同は静粛に読経を聞きます。

5.ご焼香

イメージ

僧侶が「ご焼香を」と読経途中に声をかけましたら、喪主から祭壇前に進み出て焼香をします。 次いで遺族、世話役代表と席次順に焼香します。案内されたら前に出て焼香をしてください。

焼香後は通夜ぶるまいの席に移送する場合と、自席戻って法要に終わりまでいる場合があります。

6.閉式・僧侶退場

イメージ

読経が終わると僧侶が法要の終わりを告げ、退場します。

僧侶を見送ったあとで数珠をしまってください。

7. 閉式後

イメージ

通夜ぶるまいの席に移ります。喪主か親族代表があいさつを述べた後、食事に入ります。 故人をしのびながらの会食ですので、一口でも箸をつけるのが礼儀になります。

会葬御礼状と返礼品を受け取り、タイミングを見て退席します。

なお喪主や遺族は見送ったりしないのがしきたりですので、自分の席から黙礼を返す程度でさしつかえありません。


■お手伝いを頼まれた場合

イメージ

ご遺族にお手伝いを頼まれたら、特別な事情がないかぎり、遺族の意を汲んで快く引き受けましょう。
お手伝いをする人の立場は、参列者側ではなく、ご遺族側になりますので、喪服を着用します。

白黒のリボンや黒の腕章をつけることが多いようです。女性で通夜ぶるまいの準備を手伝う場合は、 黒のブラウスやスカートなどの略礼装でもかまいませんが、エプロンを持参しましょう。色は黒か目立たない色のものを用意していきます。

■近親者のみの通夜・葬儀の場合

イメージ

近年では小規模で行う葬儀が増えてきました、「近親者のみで行います」といわれた場合は、参列を控えたほうがよろしいでしょう。

どうしてもお参りをしたい場合は、その意思を遺族の方にお伝えし相談しましょう。


施設概要

※拡大図を表示クリックでGoogleマップを開きます

所在地 〒125-0042 東京都葛飾区金町6丁目4-1
アクセス JR千代田線・京成線「金町駅」駅徒歩1分
駐車場 20台収容可能(無料)
葬儀スタイル 各宗派葬儀一式(個人葬から社葬まで)
受付時間 年中無休・24時間受付
施設概要 大ホール(100名)
中ホール(50名)
特記事項 冷暖房完備
20台収容大駐車場有(無料)
控え室(TV付)
当社専門社員による式進行一切(マイク設備無料)
会館情報

会館情報を携帯に登録!

シティホール対応エリア案内 シティホールサイトに移動します

首都圏4000件の実績

35ヶ所にあたる【東京都・埼玉県・茨城県】シティホールは、すべて互助センター友の会の直営会場でございます。突然のことでも、ご遺族様の不安をできるだけとりのぞくことができるよう、365日24時間、お電話で対応しています。

埼玉県

0120-044-388 24時間応対 メールでご相談
0120044388 24時間対応